牛乳パックで収納の仕切りを作ろう!

2019年5月6日

Pocket

Sponsored Links

整理整頓で大切なことの一つに、収納があります。
ただ、収納といっても、どこに何をどのようにしまうかによって、収納力がかなり違ってきます。

今回は、引出しの中身をしきるための仕切りを手作りで作る方法をご紹介します。

1.まず、牛乳パックの口の部分を切り落としてください。
2.さらに縦に折り目の部分をカッターで下まで切り、底の部分は対角線で切り広げます。
3.それを、山折りに折ったら完成です。

a1

この仕切りは、引出しの長さに合わせてカットすれば、自由に長さを変えられます。
また、複数の牛乳パックをつなぎ合わせれば、大きな引出し用の長い仕切りを作ることも可能です。

a2

さっそく、洋服を収納してみました。
どうでしょう、こんな風にキレイに収納できました。

a3

お金をかけずに、身近なモノを使って、こんな便利なものができます。
引出しの収納で悩んだら、是非、この仕切りを作って、試してみてくださいね。

家事代行コンセントの”片づけプラン”はこちら
http://kajidaikou-service.com/plan/3s/

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket