【片付けられない人へ Part2】片付けない人の心理 ”片付ける理由がわからない”

2020年2月7日仕事, 片付け

スポンサーリンク

こんにちは。
家事代行コンセントのあっきーです。

前回の記事 「片付けはどこから始めれば、何から始めればいいのか」に続く、片付け編の第2弾です。

片付ける理由、片付けない理由

世間には、様々な理由で、“片付けられない人”というのが存在します。

そして、片付けられない理由は、人によってそれぞれ違います。
また、そもそも片付ける気など、まったくないという人もいます。

私は、この家事代行の仕事を始める前まで、片付けは苦手でいつも家の中は散らかり放題な生活をしていました。
しかし、片付けられないことで悩んだことはありませんでした。

その理由は、自分の部屋がそれほど散らかっているとは思っていなかったこと。
そして、片付けられないことで、困ったことがなかったからです。

片付けをするのは、何のためでしょうか?

そもそも、人が片付けをするのは、何のためでしょうか?

純粋に片付いた部屋で暮らしたいとか、家族に片付けろと言われて仕方なくとか、人によって、その理由はさまざまです。

ですから、かつて片付けられない私は、片付ける理由がずっとわかりませんでした。
たぶん、その理由がわからないから、片付けられなかったのだと思います。

たまに、家族が散らかして、なかなか片付けてくれないという相談をお客様からも受けることがあるのですが、それはその片づけない家族にとっては、片付けるという理由がないからだと思うのです。

そして、片付けてくれないと悩んでいるその相談者には、片付ける理由があるのです。

つまり、

片付ける理由がある人→片付けられる人

逆に、

片付ける理由がない人→片付けられない人

なんです。

片づけは、目的ではなく手段

そもそも、片づけることは、目的ではなく”手段”です。

家に帰ってホッと一息ついて、リラックスした気分でいたいとか、探しものをするのに時間を取られたくないといった目的のために、片付けるという手段が必要なだけです。

ですが、すっきりシンプルに暮らすよりも、ほどよく散らかっていたほうが集中力が増すという人もいます。
また、たくさんの物に囲まれて生活していたほうが良いと考えている人もいます。

そんな人にとっては、片付けることは目的ではないので、他人から片付けるようにと言われたって、「なんのために片付けるの?」という気持ちがあるんです。

以前の私がこのタイプでだったので、そういう人たちの気持ちがすごくよくわかります。

散らかって困ることがあって、初めて….

そんな片付けない人でも、散らかってことで困る時があります。

大事なものがいつまでも見つからなくて困ったり、人に部屋の状態を指摘され、恥ずかしい思いをして、初めて”片付けたい”という欲求が湧いてくるのです。

こうやって、自分から片付けたい、片付けなきゃと必要に迫られた時に、人は片付けられるようになります。
逆にいえば、困ることが起きない限り、人は片付けをしようと思わないのかもしれませんね。

キレイな部屋で過ごすのがこんなに気持ちがいいことだと初めて気づく

片付け方がわからない人に、片付け方を教えたり、代わりに片付けてあげることは意味があることだと思います。
でも、片付けない人に対して、無理に片付けさせようとアプローチすることは、ナンセンスだと思います。

そんな人にとっては、大きなお世話です。
片付けないんじゃなくて、好きでそうしているんです(笑)

部屋が散らかって、困っていると思っているのは、その相手ではなく、あなた自身です。
散らかって困るなら、自分の為に片付けをしてみてください。

また、他人に迷惑をかけない程度の散らかりっぷりだったら、生活スペースを分けるなどして対応することをお勧めします。

今の私は、ある程度散らかっている部屋にいると気分が悪くなるようになってしまい、片付けられる人になりました。

その分、生活の中で片付けてる時間は以前に比べれば増えたのですが、キレイな部屋で過ごすことがこんなに気持ちがいいものなんだ、ということに気づけるようになり、自分的にはとても今の状態に満足しています。

なので、今も人に無理に片付けましょうと言うつもりはありませんが、かつて片付けられなかった私のように、そんな気持ちに気づいてもらえる人が少しでも増えればいいなと思っています。

”片付けられない人へ“シリーズ

・パート1

・パート3

スポンサーリンク