風水は、まずは玄関から….風水の基本「家の中が整理整頓されていて、清潔であること」

Pocket

Sponsored Links

風水ってなに?

風水とは、中国発祥の思想で、気の流れや陰陽を住宅の中に取り入れることによって、人の運気を上げられるとした思想を体系化したものです。

日本でも、家相という言葉があり、風水的な考え方に日本の独自の文化や宗教感を加えたものを家相と呼んでいるようで、思想的な違いはあるもののそれらを取り入れる目的は同じです。

そして、風水の基本は、「家の中が整理整頓されていて、清潔であること」ということが大前提としてあります。

ですので、風水に興味を持ったら、まずは何をどこに置くかを決めることよりも先に、”片づけと掃除”をすることが最も大切です。

まず、何からしたらいい?

風水に興味を持ったら、まず片づけから始めましょう。

掃除を含めた、片づけをすると、その場の”気”を、良い気に変える効果があるとされています。
不用品を処分することは、悪い気を取り払う意味があり、開いたスペースには、良い気を取り入れることができるようになります。

そして、掃除と片づけをした後は、必ず換気を行いましょう。
そうすることで、新しい空気(良い気)を取り入れることができるようになるからです。

風水の順番は、まず玄関から

片づけが終わらなければ、風水を取り入れるスタートラインには立てません。

また、片づけと掃除を行う順番ですが、風水上では”玄関”からスタートするのが良いとされています。
良い気は外から来るものと考えられているため、その入り口から綺麗にすることで、部屋全体に良い気がいきわたるようになるのです。

その後に、寝室やトイレ、その他の順番が良いとされています。

個人的な意見ですが、

玄関から掃除をするというのは、風水的な考えを抜きにしても賛成です。
玄関をまず綺麗にすると、玄関先までの来客時にも、対外的に清潔感をアピールすることができるし、帰宅してドアを開けた時の清々しさを感じられると、それだけで気分が上がるのがわかります。

まとめ

風水に興味をもったら、まず、片づけることです。
それができなければ、風水等は全く参考になりません。

掃除や片づけをすると運気が上がるとよく言われていますが、それは風水でいうところの”気の流れ”をまず変えるということから、きているのだと思います。

汚い場所にいると気分が塞いだり、イライラしたりしませんか?

この”気”こそが、自分自身の心身の不調に直結する原因になるだろうということは、風水を知らなくてもなくてもわかりますね。

掃除や片づけをせずに、インテリアだけを買ってきたり、どこに何を置けばいいとか、考えてもダメなのです。
その前提として、部屋がある程度片付ていなければ、風水の知識も役には立ちません。

個人的には、掃除や片づけをするだけで、風水でいうところの7割程度は、よい気を取り入れられていると思っています。

Sponsored Links

Sponsored Links
Pocket