牛乳パックで引き出しの収納仕切り板を作ろう!

2020年2月14日仕事, 片付け

片付けで大切なことのひとつに、収納があります。

ただ、収納といっても、

どこに
何を
どのように

仕舞うかによって、収納力はかなり違ってきます。

スポンサーリンク

牛乳パックで作る引き出しの仕切り板

そこで、今回は引出しの中身をしきるための“牛乳パックを使った仕切り板”を手作りで作る方法をご紹介します。

作成方法

1.まず、牛乳パックの口の部分を切り落としてください。
2.さらに折り目の部分を縦にカッターで下まで切り、底の部分は対角線で切り広げます。
3.それを、山折りに折ったら完成です。

※こんな感じ
a1

長さも自由自在

この仕切り板は、引出しの長さに合わせてカットすれば、自由に長さを変えられます。
また、複数の牛乳パックをつなぎ合わせれば、大きな引出し用の長い仕切りを作ることも可能です。

a2

実際の収納例

では、さっそく、洋服を収納してみましょう。

どうでしょうか?

こんな風にキレイに収納できました。

a3

収納用品を買わなくても、身近なモノを使って(お金をかけずに)、手作りでこんな便利なものを作ることができます。

引出しの収納で悩んだら、是非、このお手製“仕切り板”を試してみてくださいね。

スポンサーリンク