最近読んだ本~「儲かる農業」

スポンサーリンク

Pocket

儲かる農業 -「ど素人集団」の農業革命- 嶋崎秀樹著

ss
つい最近読んだ本ですが、農業とは全くい無縁だった著者(有限会社トップリバー代表取締役社長)が農業生産法人を立ち上げ、これまた全くの素人の若者を雇い、農業をビジネスとして成功させた経緯が書かれています。

今の農業就労者は高齢者が大部分を占め、若い人が少ないため、後継者問題や日本の食糧自給率低下など、様々な問題を抱えています。
農業というと、朝早くから一日中大変な仕事というイメージがあり、あまり人気がない職業ですが、この本を読むと、ちょっと見方が違ってきます。

やり方次第では面白い、やりがいのある仕事だという感じを受けました。
実際、最近の若い人の中にも農業をやろうという人が増えてきているようです。

ついこの前の私のブログにも書きましたが、規制に守られてきた業界は、他の業界が参入してくると大変だということを書きましたが、この農業もまさにその典型です。

この社長も元々は異業種からの参入ですが、ちゃんと営業を強化して、ビジネスとして儲かるような仕組みづくりをしています。
ですから、従来のように収穫したものはJAに納めて終わりというよな農家は、自分で売る(直販)ということをやったことがないため、こういった自分達で販売先を開拓するような競合が現れたら、ひとたまりもありません。


著者も本のなかで書いていますが、長年の規制のなかでぬくぬくとしていたツケが回ってきたとも言えます。
最初は興味半分で読み始めましたが、なかなかビジネスとしてとても参考になる本でした。

もし興味があれば、ぜひ一読を。

ペタしてね
家事代行サービス.com
家事代行コンセント

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク