トイレの頑固な汚れ落としには、ピューミー (Pumie)がおすすめ

2020年3月18日掃除

スポンサーリンク

トイレの汚れ

特に頑固な輪ジミって、ありますよね。
また、内側が黒ずんでいる便器もあると思います。

それ以外にも、縁の内側に汚れが固まっているけど、どうしても落とせないとお悩みの方もいるんじゃないかと思います。

まずは、簡単なやり方ですが、

洗剤をかけたら、しばらくそのままにしててください。
そして、しばらく時間をおいてから、ブラシでこするようにしてください。

それほど汚れてなければ、洗剤かけてからすぐブラシでこすってもいいのですが、汚れがこびついている場合は、洗剤をかけて、すぐにはこすらないこと。

洗剤が汚れに染み込む時間が必要です。
しばらく待ちましょう。

また、知っている方は多いと思いますが、湿布法も有効です。

便器の中に、トイレットペーパーを敷きつめて、そこに洗剤がまんべんなく染み渡るようにかけてください。

そうすることによって、洗剤が流れずに汚れに浸透します。
そして、またしばらく時間をおいてから、こすったほうがより落ちやすくなります。

しかし、これらの方法でどんな汚れも落ちるとは限りません。

そんな時、弊社で使っている、とっておきの秘密兵器

それが、こちらのピューミー (Pumie)

アメリカ製の研磨用スティックで、特殊な軽石みたいなのですが、陶器などの汚れには、結構効果的です。

水に濡らして、汚れをこすり落とす感じで使うのですが、ホントよく落ちます。

今まで、お客さま宅の頑固な汚れがあるトイレでもこれを使って落ちなかった汚れは、ほとんどないというくらいという優れものです。

洗剤と併用すれば、効果もより一層アップします。

でも、濡らさないで使ったり、柔らかい部分に使うと傷が入る恐れはあるので、ご注意ください。
掃除道具、洗剤は、使用場所、使用方法に気をつけないと、逆に傷つけてしまうこともあります。

というわけで、掃除道具のご紹介でした。

 

 

この記事を書いた人

タナケン
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/

スポンサーリンク