窓ガラスをピカピカにして新年を!窓掃除のポイント

Pocket

Sponsored Links

12月に入り、今年も残すところあと1ヶ月弱。
年末といえば、大掃除のシーズン。

ということで、今回は窓掃除のポイントをいくつか。

・窓を掃除する時は、くもりの日

晴れの日がダメというわけではありませんが、くもりの日のほうが、掃除した後の窓ガラスの掃除ムラや曇りが分かりやすいです。晴れで直射日光が当たっていると、反射して見えずらいことも。。。

・ガラス用クリーナーより中性洗剤

スプレー式の泡タイプのクリーナーは、拭き取るのに時間がかかることに加え、ギラギラが目立ち、なかなかきれいにならないことがあります。それほど汚れがひどくなければ、水だけでも充分きれいになります。汚れが目立つようなら、バケツの水に中性洗剤をちょっと入れて、クロスまたはぞうきんで水拭きしましょう。

・スクイジーはガラス掃除の救世主

写真のようなスクイジー
車のワイパーのようなモノですが、これを使うとお掃除の時間がかなり短縮されます。ホームセンターなどにも売っていますので、ぜひ試してみてください。窓掃除がグッと楽になりますよ。

ss

窓がピカピカにキレイにして、新年を迎えたいですね!

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket