ホワイトボードの汚れが落ちなくなってきたら・・・・

Pocket

Sponsored Links

会社でよく使われているホワイトボード

使い続けていると、字を消しても、だんだん跡が残ってしまうようになり、汚らしくなってしまうことも……。

dd

そこで、ホワイトボードの掃除方法ですが、くれぐれも強い洗剤やシンナー等で拭くのはやめましょう。
たしかに、その時は汚れは落ちますが、徐々に汚れが落ちにくくなってきます。

ホワイトボード盤面の表面には、コーティングが施されていますので、シンナー等を使うと、そのコーティングが剥がれてきてしまいます。

まずは、以下の順番で掃除してみてください。

1. 水ぶき
2. 中性洗剤
3. ホワイトボードクリーナー

※マーカーには、アルコールが含まれていますので、アルコールで盤面が痛まないと思われがちですが、あまりに強いと痛む場合があるそうです。(某メーカー曰く)洗剤もアルカリ性はNGです。

なお、ホワイトボードには材質の違いから、以下のように耐久年数も変わってきます。

・スチールホワイト(耐久半年~5年)
・ホーローホワイト(耐久数年~10年以上)

あまり古いもので、どうしても汚れが取れない時は、買い替えを検討することも必要かもしれません。

あ、あと、イレーサも古くなってきたら、替えましょう。
字をきれいに消すことができず、汚れが落ちにくくなることもあるようです。

ff

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket