油性ペンでホワイトボードに書いたら、消えなくなっちゃった!?

2016年9月29日

Pocket

Sponsored Links

以前、法人のお客様から、ホワイトボードに通常のホワイトマーカーではなく、気づかずに”油性ペン”で書いてしまい、消えなくなってしまったので、きれいにできませんかというご要望がありました。

s1

実は、油性ペンは、意外と簡単に落とすことができます。

いつも使っているホワイトマーカーで、その油性ペンの文字の上をなぞってみてください。
そして、イレーサで拭くと…

あら、不思議!(笑)

それだけでかなり落ちます。

ただ、それだけだと、完全には落ちないので、その後に、ホワイトボード専用のクリーナーで掃除すると、写真のようにきれいになります。

s2

もし、油性ペンで書いてしまった時は試してみてください。

また、キッチンの油用洗剤で拭いても、ある程度は落ちます。

でも、あまり強い洗剤だと、ホワイトボード表面の保護用被膜が取れてしまう場合もあるので、ご注意ください。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket