”ほうき”も意外と使いやすいですよというお話

Pocket

Sponsored Links

こんなのを見つけました。

ありそうでなかった? ほうきと掃除機が合体した「VaBroom」
https://bouncy.news/39829

ほうきと掃除機が合体!?って、どんなのだ?

と気になり、早速見てみると・・・

アメリカを拠点に活動するEnhance Product Development社という会社が開発した”ほうきと掃除機が一体”になった「VaBroom」という製品だそうです。

「穂先の片面に掃除機用のノズルが付いており、ノズルに圧力がかかることでモーターがオン。毎分14,000回転のモーターがゴミを吸い込んでくれる」ということです。

現在、クラウドファンディングを実施中で、お値段は、1本35ドル(約4,000円)だそうです。
プロジェクトが成功すれば、今年の10月から発送される、とのこと。

まあ、たしかにありそうでなかったと思いますが、なんか微妙~というのが最初の印象です。
便利は便利だと思いますが、吸い込み口がもうちょっと大きいといいかなという感じがしました。
また、単三電池4本で動作するらしく、乾電池というのもなんか微妙な感じ(笑)

発想はとてもいいと思いますが、製品としての完成度は???

なんて、あまりあれこれ言うのもよくないので、ぜひ改良を加えて、いい製品になればいいなと思います。

そういえば、ほうきですが、最近は一般家庭では、玄関先や家の前を掃く時くらいしか、あまり使われなくなりました。
たとえば、こんなやつですね。

でも、ほうきって、意外といい仕事をしてくれます。
室内で使うのは、こんなのですね。

最近はめっきり見かけなくなりましたが、昔はよく使われていましたね。
私も小学校くらいに教室の掃除で使った覚えがあります。

実は、過去に一度だけお客様のお宅で使ったことがあります。
というか、そのお宅は掃除機がなくて、このほうきしかなかったのですが・・・

正直、「おいおい、掃除機がなくて、大丈夫か」と思いましたが、ないと言われれば、ほうきでやるしかありません。

でも、意外や意外、いいんですよ、このほうきが!?
予想以上に使いやすい!

たしかに掃除機と比べれば、いろいろ大変なんですが、いやいや、普段のちょっとした掃除ならこれでもいいなとその時に思いました。

家の中でも床のちょっとした掃除なら、ほうきでササっと掃くだけで済みます。
また、畳もほうきで掃けます。

最近はスティックタイプの充電式クリーナーが流行っていますが、普段のちょっと掃除機をかけるのと、ほうきでササっと掃くのは、あまり変わらないと思います。

電気も使わないし、エコですしね。
使いようによっては、いいモノであることには間違いありません。

とは言っても、私も自宅では使ってはいませんが、こういった日本の古き良きモノは、いつまでもなくなってほしくはないなと思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket