食材の変色を防いで長持ちさせよう 

家事代行, 料理

スポンサーリンク

料理をしたあと、余った野菜や果物を保存しておくと変色してしまい、次に使おうと思った時に困ったことありませんか?

rg

今回は、それらを防いで食材を長持ちさせる方法を紹介します。

レタス・・・包丁を使わずに手でちぎる。
キャベツ・・・千切りする時には丸ごと使わず、数枚剥がし、剥がしたほうを千切りにして使う。
リンゴ・・・切ったあとに塩水にさらす。
桃、アボガド・・・レモン水やお酢にさらす。
もやし・・・塩水にさらしたあと、水を切って保存。
レンコン、ごぼう・・・酢水にさらす。(あく抜きだけしたい時は水でもOK)
しょうが・・・水につけたまま保存。
すりおろしにんにく・・・少量のオリーブオイルをまぜておく。

他にも変色しやすい食材はいろいろあります。
変色しても、見た目だけの問題で風味や栄養素は損なわないものが多いですが、やはりきれいなもののほうが気分よく、おいしく感じますよね。

上記の保存方法にプラスしてラップを食材にピッチリと貼りつけるようにして、かけておくことで、さらに変色するのを防げますので試してみてくださいね。

スポンサーリンク