文章は考えてから書くか、書きながら考えるか~皆さんはどちらですか?

2019年4月1日

スポンサーリンク

Pocket

しばらくブログのほうがご無沙汰になってしまいました。

今週は、仕事の関係、そして、ちょっと風邪気味で体調がイマイチだったためです。
やっと今日あたりから体調が元に戻ってきました。

今日のタイトルに書きましたが、皆さんは、文章は考えてから書くますか、それとも書きながら考えますか?

私が楽天日記を始めてからもうすぐ2ヶ月弱になります。
最初の頃はなにを書こうかいろいろ考えてばかりでなかなか書く事が出来ませんでした。

考えれば考えるほど、最初の出だしがうまく書けなくて困っていました。
仕事でもそうですが、最初にいろいろ考えてると、なかなか最初の文が書けないんですよね、私は。

しかし、とりあえず今日はこういうことについて書こうとテーマだけ決めて書き始めちゃうと意外と筆が(キーが)進むんです。

パソコンで文章を書く場合、いくらでも文章の順序を入れ替えることが出来るので、とにかく書き始めて、その途中で考えるながら書くっていうことが出来ます。

紙に書く場合はどうしても下書きが必要ですが、こういう点はパソコンのほうが便利ですね。
しかし、文章を書くっていうのはふだんからやっていないと、だめだとこの日記を始めてから痛感してます。

へたでも書く事は、大事だと思います。
仕事上の報告書を書くのとは違い、自分の考えや思いを書くのは難しいなとつくづく思います。

ましてや、読んでくれる人に理解してもらえるようなわかりやすい文章を書くのは大変なことだと思います。
自分の好きなことやちょっと得意な分野のことだと、書いてて自分で熱くなっちゃうんです。

そういう時って、あとで読み返してみると、読みにくいというか、第3者にはわかりにくい文章だったりすることがあります。

いままでこうやって自分の思いや考えを文章にまとめる、といことをあまりやった事がなかったので,これほど大変な作業だとは思いませんでした。

この日記を読んでくれる方には、まとまりのない.文章にお付き合いくださり感謝です。
少しでも読みやすい文章が書けるようになりたいです。

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク