ありがとう~感謝の心

2019年1月30日

Pocket

Sponsored Links

きのうの午前中に、TVで面白いのがやっていなかったので、チャンネルを順番に見ていったときに、たまたま3チャンネル(NHK教育テレビ)で子供向け(小学生向けかな)の番組がやっていました。

その中で北海道・旭川市の旭山動物園のことが紹介されていました。

この動物園は何年か前、来客数が年々減っていき閉園寸前の状態だったそうです。
その時ぐらいに園長になった方が、このままじゃいけないということで、水槽を前面ガラス張りにし、たとえばシロクマが水の中で獲物(魚)を取る様子が水槽の下から見えるようにしたり、動物の生きている様子、すごさが感じられるよういろいろ工夫をして、今では1年間の来客数が上野動物園よりも多いそうです。

その動物園では、怪我した動物が持ち込まれるのですが、その動物をありのままで見せるそうです。
交通事故で片方の翼を失った鳥なども子供達にそのままの姿で見せたり、また動物が死んだときも、死んだということを知らせる看板を掲げるそうです。

その園長の方が、「昔は、自宅で生まれて自宅で死んでいくことが多かったため、子供達も生死を感じることが出来ましたが、今は生まれるのも死ぬのも病院なので、生や死が実感できない」と言っていました。

そして

「死を考えることで生きていることのありがたさを知ることができる」

とおっしゃってました。

この言葉は大変印象に残りました。

生きていることに感謝することなんて、普段あまりないですよね。
私も今までこういうことを考えたことなんてほとんどなかったと思います。

「生きているっていう当たり前のことに感謝する」

ありがとうって思いたいです。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket