悲しいです。

Pocket

Sponsored Links

ただただ悲しい気分になってしまいました。
今日の夕方、会社で仕事もひと段落したので、インターネットでニュースを見ていました。
その中で、冒頭にあるように読んでて、悲しい気分になる記事を見つけました。
「おはよう」とあいさつした児童を殴る 
福島県の小学2年生の児童が登校中に、通りかかった男に挨拶をしたそうです。
そしたら「うるせえ、ふざけんじゃない」といきなり頭などを殴られたという事件です。
もう、この記事を読んだときは、なんでこんな世の中になっちゃたんだろうと、唖然としてしまいました。
おそらくこの子は、家庭や学校で挨拶をしようと教えられていたと思います。
そういった子供が挨拶をしたことに対して、殴りかかるってどういうことでしょう。
私も自分の子供たちには、友達や学校の先生はもちろんのこと、近所の人と会ったら挨拶をしようと教えてきました。
そういうことさえもできない世の中になってしまったのかと思うと、怒りの前に情けなくなってきます。
もちろん今回のこの男は特別だったと思います。
たまたまそういう変な人間に当たってしまったのかもしれません。
でも、この子の気持ちを考えると、大人として申し訳なくなります。
もしかしたら、この子は、今後知らない人には挨拶をしない人間になってしまうかもしれません。
この事件をきっかけに挨拶しない子供が増えるかもしれません。
昨日の小学校での教師刺殺事件に比べれば、新聞での記事としては小さく報道されるかもしれませんが、決して見逃していい事件じゃないと私は思います。
うまく表現できませんが、今回の事件は、殺人事件などと同じくらい恐ろしいことだと思います。
こわい世の中になってしまいましたね。

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket