挨拶、笑顔、礼儀、感謝

スポンサーリンク

Pocket

熊谷正寿(グローバルメディアオンライン株式会社:社長)著

「一冊の手帳で夢は必ずかなう」という本を、最近まで読んでいました。

手帳をスケジュール管理だけでなく、自分の夢や目標を実現するために活用するという大変興味深い本でした。
その中で、礼儀に関して書かれていた項目がありましたが、おとといの日記に書いた、挨拶して殴られた子の件もあり、もう一度その部分を読み返してみました。

皆さん感じているように、最近はマナーを守らない人が増えていますが、人間として大事な事って、勉強ができることや知識があることではありませんよね。
いくら勉強ができても、自分勝手な人、礼儀がなっていない人は、社会に出ても、いずれみんなから相手にされなくなるでしょう。

仕事で能力がある云々の前に、人として大切なことを備えているかどうかが大事だと思います。

先ほどの本の中で、その事に関して「う~んその通り」って思える部分がありました。

「大きな声で挨拶しよう、元気が出てくる」
「笑顔を作ろう、心が楽しくなる」
「人に礼儀を尽くそう、尊敬の念がわいてくる」

たしかに、挨拶と笑顔と礼儀、この3つができれば世の中うまく生きていけるでしょう。
そして、それに加えて、感謝の気持ちを持つようにすればもう言うことなしっていう感じがします。

私自身、自分に置き換えて考えてみると、この4つが出来てるかというと自信がありませんが・・・。

そして、いくら世の中が変わっても、私の娘2人には、「挨拶、笑顔、礼儀、感謝」ができる人間に育ってほしいと願っています。

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク