旅行に行ってきました~残念な事

スポンサーリンク

Pocket

火曜日から昨日まで、箱根(芦ノ湖方面)へ旅行に行ってきました。
昨日の夜帰ってきたんですが、昨日は運転疲れでダウン、10時過ぎには寝てしまいました。

今夏の宿は、「旅亭花ゆら」という旅館です。
最近は、旅行ではホテルが多かったので、久しぶりに旅館に泊まってみましたが、はっきり言って、かなりお薦めの宿です。
建てられてからそんなに経っていないらしく、建物も新しく、部屋、施設もきれいでした。
また、食事も会席料理風なんですが、とてもおいしく種類、量も多く、大人でも食べきれないほどでした。
(子供たちは食べきれなく残してしまいましたが、私はしっかり完食しました)

そして、一番よかったのが、従業員、スタッフの対応が素晴らしいこと。
フロント、客室係みんな親切でよく気がつき、快適に過ごすことができました。
スタッフも若い方が多いのですが、教育が行き届いているなあという感じを受けました。

私自身、仕事がサービス業のため、こうやって自分がお客さんとして宿に泊まると、全体的には満足でも、一つ二つは気になる点が目に付いちゃうんですけれども、今回は特に気になることもなくとても快適な旅行でした。

しかし、他の宿泊客で、ちょっと勘弁してくれよという家族に出会いました。

その家族は、50代くらいの両親と中学か高校生の男の子と女の子の4人。
食事は、レストランで他の宿泊客と一緒に食べるんですが、その家族がちょうど自分たちと近くのテーブルに座りました。
そして、何気なくその家族のほうを見ると、その女の子が、椅子にビーチサンダルを履いたまま、立ち膝で食事してるんです。
なんか近くで食事しているこちらのほうが、不快になります。

そして、もっとビックリなのが、その両親が特に注意もしなければ何を言うでもなく普通に食事していることでした。
自分の家でこうやって食事しているんだったら一向に構いませんが、こうやって他の宿泊客がいる中で、ああいう姿を見せられたら
他の人はどう思うのかって考えないんだろうかと、その親にもビックリです。

他の家族の事ながら、このバカ親には呆れちゃいます。

こういうとき娘に、あえて何も言わないのか言えないのか分かりませんが、この子が将来親になって子供を育てるようになったら
同じようなことをするんだろうなと、こちらが心配しちゃいます。

我が家は、こういうことには私も妻も口うるさいほうなのですが、やはりこういった躾は、学校がどうのこうの社会がどうのこうのではなく、家庭がやはり大事なんだなと、この家族を見て再確認できました。

逆にこの家族には、感謝しなければいけないかもしれませんね。

もし、うちの子供がこういった場で、立ち膝で食事をしたら、私はスリッパで頭をはたくでしょう。

子供にそう言ったら、返ってきた答えが

「それじゃ、ゴキブリじゃん!」

その通り!!

今回の旅行で唯一、残念な出来事でした。

芦ノ湖星の王子様

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク