自分のやった仕事は、どんどんアピールを!2

Pocket

Sponsored Links

前回の続きです。
スタッフひとりひとりみんな気がつくところは違います。
みんな気を使っていて、私も気がつかないような、いいところに気がつくんです。
でも、そのやったことをアピールするのがちょっと下手だなあと感じることがあります。
スタッフに聞くと、ちょっとした事なのでわざわざ言うほどのことではないと言います。
でも、言わなければお客様に伝わらないですよね。
せっかくお客様のことを思っていいところに気付いて、作業しているのに、それがお客様に
伝わらなければ、せっかくの努力が水の泡というか、もったいない、と思います。
お客様が気がついてくれればいいですけど、必ずしも気が付いてくれるとは言い切れません。
だからこそ自分のやった作業は、どんどんアピールするべきだと思っています。
わざとらしくていやだというスタッフもいますが、仕事の評価をするのは、スタッフ自身では
なく、最終的にはお客様です。
お客様が気が付いてくれなければ、スタッフがいい仕事ができたと思っていいても、良い仕事とは言えません。
お客様がちょっとイマイチねと感じたら、それはいい仕事ではないんです。
スタッフのみなさん、せっかくのいい仕事を無にしないように、やったことはどんどんアピールしましょうね。
家事代行サービス.com/コンセント

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket