スタッフレベルの均一化~マニュアル

Pocket

Sponsored Links

この仕事は、どうしてもお客様側からの視点では、
・まずそんなスタッフが来てくれるのか
・よくやってくれるスタッフなのか
というスタッフ個人がどうなのかを気にされます。
確かにお客様とスタッフの関係はとても重要です。
相性も合うか合わないかで、判断されるお客様もいらっしゃいます。
以前は私自身もそのように考えていました。
とてもいいスタッフがいれば、それで良しという感じです。
しかし、最近それではちょっとだめなんじゃないかと思うようになってきました。
確かに一人一人がとても気配りができて、お客様に喜んでいただける行動ができれば
ベストです。
でも、なかなかみんながみんなそうだとは限りません。
とてもレベルの高いスタッフが数人いるより、普通レベルのスタッフがたくさんいたほうが、
全体的なレベルは上がります。
また、とてもレベルが高いスタッフが何らかの理由で辞めた時に、その後を継ぐスタッフが
同じようにできるかという問題も発生します。
それならば、スタッフ全員がある程度のレベルまでできるようにするのが、一番じゃないかと
思います。
それ以上の気配りや行動は、スタッフ個人によって違うかもしれません。
その下地を作る意味でも、まず基礎を教え込むのが、われわれの仕事ではないかと。
いい仕事をするには、まずその基礎となる土台がしっかりしていなければいけません。
そのために今マニュアル化を進めています。
どのスタッフでもそのマニュアルの通りにやれば、同じような仕事ができる、そんなマニュアル作りを進めています。
目標は、小学生の子でも、そのマニュアルを見ればちゃんとできる、そんなマニュアルです。
マニュアル、マニュアルというと、マニュアル人間になってよくないという人もいますが、
最低限の手順書、マニュアルは必要だと思います。
基本的なことができなければ、その以上のことはできませんから。
私はそう思います。
家事代行サービス.com/コンセント

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket