家事代行サービスの行方~新しいニーズに応じて

2019年4月19日

Pocket

Sponsored Links

この家事代行サービスという仕事は、将来どういう形になっていくんだろうと思うことがあります。

今は、各社だいたい同じようなサービス内容になっていますが、5年後、10年後に、お客様がどういうことを望んでいるのか、どういうサービスが求めるのか、考えていかなければいけません。

今のお客様は主に共働き世帯が中心ですが、これからは高齢者の世帯をはじめ、様々なニーズが出てくるかもしれません。

その時代、時代に合ったサービスが求められるようになってくると思います。

我々も、ひとつの内容だけをずっと続けるのではなく、どんどん新しいサービス、その時代のニーズに合ったサービスを提供し続けなければいけないなと思っています。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket