なんか悲しいというか情けない!

2019年3月13日

Pocket

Sponsored Links

新聞で必ず目を通すのが、読者からの投稿欄です。

この欄は、年配の方から若い人まで、様々な人たちが今考えていることや感じていることを書かれています。
その中で昨日かおとといだったと思いますが、ある読者からの投稿記事であきれちゃうというか情けない話が書かれていました。

その方の親戚の法事でお坊さんを呼んだらしいのですが、ちょうど読経している最中にお坊さんの携帯が鳴ったそうです。
そのまま読経しながら、なにやら携帯をいじっていたらしいのですが、「たぶん音を消し忘れたので、マナーモードにでもしたんだろう」と参列者は思っていたようです。

しかし、また数分後、携帯の着信音が鳴り、なんとそのお坊さんはメールを返信していたそうです。
それも、片手で携帯のボタンを押しながら、読経は普通に続けていたそうです。

もうあきれちゃうというか情けないですね。

参列者の携帯が鳴ったというのだったら、まだわかりますが、よりによってお坊さんの携帯が鳴るとは・・・・。
そしてメールを打ち返すというのがすごい!です。

もし私がその場にいたら、もう怒鳴り散らしますね。

「お前、なに考えてるんだ!?」って。

ああ、悲しい!!

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket