久々に切れちゃいました!(店長呼んで来い!)

Pocket

Sponsored Links

今やっている仕事も、以前の会社員時代の仕事も、業種、業態は違えど、お客様と
直接関わる仕事に携わっていました。

家事代行サービス.com

家事代行コンセント

その関係で、普段自分自身が利用するお店やサービスについて、どうしてもいろいろ
消費者側の立場から感じたこと、目につくことなどがよくあります。
また逆に経営の面から、こういうやり方はいいなあとかここをこうしたらもっとお客様に
とっていいのになどと感じることがよくあります。
最近、行ったお店でここはちょっとなあというお店があり、最近あまり怒ることは
なかったのですが、久々に切れちゃいました。
そんなお店のことを少し書きたいと思います。


あるチェーン展開している洋食レストランに行った時のことでした。
家族4人で出かけた帰りに、そのお店に夕食を食べに行きましたが、まず料理がなかなか出てこない。
(週末でかなり混んでいたので、これはまあしょうがないと思います)
久々に切れた経緯は以下の通りです。
・混んでいるからしょうがないのですが、かなり待たされました。
・注文した料理は、私が、ハンバーグとフライの盛り合わせ、うちの奥さんと子供二人が各々パスタでした。
まず最初に
うちの奥さんと下の子の分のパスタが来て(これもかなり待ちましたが)、そのあとに私のハンバーグとフライの盛り合わせが来ました。
ここで、店員が「ご注文の品は以上でよろしいでしょうか?」と言うので、まだ上の子のパスタが来ていませんと言ったところ、慌てていたので、
「ああ、注文忘れてるなー」
と思ったのですが、なんとびっくりしたのが、一旦厨房のほうへ戻ったと思ったら、すぐにそのパスタを持ってきたんです。
もう既に出来上がっていたのに持ってくるのを忘れていたんです。
おそらく最初の奥さんと下の子のパスタが来たときに、既に一緒にできていたんじゃないかと思います。
要は、厨房に置き去りにされていたんじゃないかとどうしても思っちゃいます。
もう冷めてんじゃんと思ったところへ、また追いうちをかけるように、別に注文した唐揚げ2人前分が一人分しか来てない、かと思ったらその唐揚げをテーブルにこぼして、一つは水の入ったコップに中に落ちるし、もう散々!
もうさすがに、わたくし田中、久々に切れちゃいました!
「店長呼んで来い!」
すぐに店長が飛んできましたが、言いたかったことを一気に説明。
遅いだけだったら混んでるししょうがないし、そんなことくらいじゃ怒らないけど、
パスタを忘れていたこと。
それもおそらくできていたのに持ってくるのを忘れたこと。
おまけに少し冷めているのを当然のように持ってきたこと。
その少し冷めた料理を食べさせられたこと。
(やはり温かい料理は温かい状態で食べたいです)

そして、それは注文票と持っていった料理との確認不足が原因だと思うこと。
(よく他の店だと注文票に赤のレ点でチェックしてありますよね)
そして、最後に、唐揚げの数量を間違えたのも確認不足が原因だと思うし、お店のそのあたりのチェック体制というか、どういう仕組みになっているのかをあくまでもやさ~しい言いかたで問いただしました。
注文品を忘れたり間違えたりした店員個人を怒ったわけじゃないんです。
店員さんは少ない人員のなかで一生懸命やっていると思うし、そうさせちゃう店の運営、管理について怒ったわけです。
(あのバイトの女の子、ごめんね!)
こう言うのは嫌な客だと思うかもしれないけど、こう思っていてもあえて言わないお客さんも絶対いるし、そういう人たちは二度とこの店には来ないと思うと伝えました。
店側で気付かないところで客足が遠のいていくんですよと、なんかいつもうちのスタッフに言うようなことを言っちゃいました。
奥さんと子供たちは呆れていましたし、まあ大人げないとは思うのですが、言わずにはいられなかった。
なんか食べた気がしない夕食でした!

家事代行サービス.com

家事代行コンセント

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket