斉藤一人さん きれいな言葉 「ついてるついてる」 

Pocket

Sponsored Links

斉藤一人さん

銀座まるかんの創業者で高額納税者としても有名ですが、この方の著書で書かれていたこと・・・・・きれいな言葉を使おう

きれいな言葉といっても、言葉遣いが丁寧という意味ではなく、前向きな言葉という意味です。

例えば、

Sponsored Links

「幸せだなあ」

「豊かだなあ」

「ありがたい」

「ついてるついてる」

など、こういったポジティブな言葉を意識的に何度も何度も使うようにしろと言っています。

とはいっても、そういう状況じゃない時には、どうしてもネガティブな言葉が出がちになってしまいます。

そうであっても、あえてそういう言葉を言うようにする。

例えば、苦しい時、悲しい時、明らかにツイていない状況の中でも、あえて、 「ついてるついてる」と言うようにする。

すると、自分自身だけでなく、回りの反応も変わってきて、だんだんいい方向へ向かっていく、と書かれています。

実際、私もこの「ついてるついてる」という言葉は、この人の教えに従って(?)、かれこれここ10年くらい、苦しい時、どうみたってめちゃくちゃツイテないだろうという時に言うように心がけています。

はっきり言って、どうみてもツイテないだろうと自分で自分にツッコミたいんですが、あえて「ついてるなあ」と言うようにします。

そうすると、たしかにツイテない状況がすぐに好転するわけではないのですが、不思議となんとかなるような気がしてきます。

よく 「言霊」と言われるように、口にする言葉によって、ホント気持ちや心がけは変わっていきます。

逆に、ネガティブな言葉ばかり口にしてると、どんどん気持ちや状況も悪くなっていきます。

ポジティブな言葉、明るい言葉・・・・きれいな言葉を使いたいですね。

ついてるついてる!

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket