笑顔もサービスの一部

Pocket

Sponsored Links

よく立ち寄る最寄り駅のマクドナルド

普段は朝、出勤前に寄ることが多いのですが、その時間帯によくいるある女性クルー。

(まだ20代前半くらいでしょうか…)

実は、その女性クルーがめちゃくちゃ無愛想で感じがよくありません(笑)

前々から、客商売なんだから、もうちょっと愛想良くというか感じがいい対応ができないかなあと、常々思っていました。

そして、つい先日、珍しく夜の時間帯にそのマクドナルドに行ったら、またまたその女性クルーが!?

あー、まあ感じ悪いんだろうなと思いながら注文しようとすると、

え?
とてもいい笑顔で対応も明るく

いい感じです。

どうした?
どうした?
いい笑顔じゃん!

と思いながら、そのクルーの様子を見ていましたが、朝とは打って変わって、とてもいい感じです。

なんで朝はこの笑顔が出ないんだと思いながら見ていましたが、もしかしたら、朝の時間帯はお客さんも多く、忙しいので、笑顔で対応する余裕がないのかもしれません。

逆に、その夜の時間帯は比較的空いていたので、普段通りの彼女なりの笑顔、明るい対応ができたんじゃないかと感じました。

でもよく考えると、いやいや、それはサービス業に携わる者としてはダメでしょうとも思います。

忙しいから無愛想

忙しくないから笑顔

忙しい、忙しくないは、そもそもお客様には関係ありません。

その店舗、会社の問題です。

そういう対応しかできないような環境やスタッフを作り出しているのは、その会社の体制、姿勢の結果です。

そんなことを思いながら、さて、うちのスタッフさんたちはどうだろう?と考えていました。

それにしても、その女性クルーさん!

とてもいい笑顔でしたよ!

頑張ってね〜!

image

Sponsored Links

 

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket