陣痛タクシー

2019年3月30日

Pocket

Sponsored Links

先日、こんな記事を見つけ、こんなサービスがあるのかと思いました。

タクシー業界大手の日本交通がやっている「陣痛タクシー」

dd

そこで、調べてみると、日本交通だけでなく、京都のMKタクシーを始め、いろいろなタクシー会社がこういうサービスを行っているようです。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO83695670W5A220C1NNMP01/

利用者は事前に自宅の住所や電話番号、出産予定の病院などを登録しておき、オペレーターが24時間、365日待機していて、電話を受けると近くにいるタクシーに連絡、優先的に配車する仕組みだそうです。
病院も事前にわかっているので、黙っていても運んでくれる。
そんな便利で心強い
サービスだそうです。

24時間、365日っていうのが、助かりますね。

そういえば、私の妻が初めての子を出産したときもタクシーのお世話になりました。

その時は、私はまだサラリーマンで、仕事中に妻から電話があり、そろそろという連絡が来ました。

しかし、その日は仕事の予定が目白押し。
とりあえず、どうしてもこなさなければいけない仕事だけ終わらせて、早退し、すぐ病院に向かうつもりでした。

その時は、とりあえず、タクシーで先に妻ひとりで病院に行ってもらいましたが、陣痛はいつ始まるかわかりません。

仕事に行っている夫がすぐ駈けつけられればいいのですが、なかなか思うようにはいきません。

そういう時に、こういうサービスがあると、夫婦にとって、とても安心できますね。

さまざまな分野で、こういった役に立つサービスが広がっていけばいいなと思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket