一列に並ぶのは当たり前じゃない、そこが日本人のすごいところ

Pocket

Sponsored Links

今朝、あるコーヒーチェーンのお店に入った時のこと。

注文のレジは、少し混んでて行列。
みんな一列に並んでいます。

まあ見慣れた普通の光景ですが、そこに割り込んできたというか、なぜか違うところに並び出して、またそこに新たな行列ができてしまいました。

よく見ると、その行列を作ったのは中国人旅行者の団体のようです。
お店の人も、こちらにお並びくださいと説明してるけど、なかなか言葉が通じなくて、苦慮してる感じ。

よくニュースなどで、外国人の旅行者のマナーが悪いと言われることがありますが、それはマナーが良い、悪いというより、お国柄、国民性の違いかもしれません。

大震災や災害の時に、日本人が文句も言わず、一列にならんで待っている様子が海外からはすごい!と驚かれていると聞いたことがあります。

海外では、そういう時は、暴動や店の物が盗まれるということもよく見聞きします。

そうやって考えると、

あー、日本人ってすごいんだな

いい国民性なんだな

と感じます。

そういう日本人の国民性は、これからも大切に、失ってはいけないと思います。

まあ、こういった良いところばかりでなく、改めたほうがいいこともありますが、

やっぱり日本人って素晴らしい!

って思わずにはいられません。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket