不器用だけど、がんばってる人が好き

2019年6月16日

Pocket

Sponsored Links

たまに行く地元の駅ビルにあるパン屋さんがあります。
そこでは、モーニングセットなどがあり、店内でパンやコーヒーを食べたり、飲めたりします。

そこで働いている店員さんが何人かいますが、忙しくなってくると、いつもバタバタ、テンパっている店員さん(おばちゃん)がひとりいます。

傍から見てると、こんなこと言っては失礼ですが、ホント手際が悪いというか、テンパり過ぎてて、いつもバタバタです(笑)

こういう人は、一般的にはどちらかというと”あまり仕事ができない人”と分類されてしまう人かもしれませんが、なんか憎めないというか、この人いいなあという感じを受けます。

まあ、仕事ができるに越したことはないけど、いくら仕事ができても気持ちが入ってない人より、こういったおばちゃんのように、どちらかというと不器用、仕事は多少難があっても、がんばろうという気持ちや姿勢が見える人のほうが、人間らしいというか、私は応援したくなります。

また実際仕事ができる人、仕事はそつなくこなすタイプの人もいますが、中には人間味がない人もいて、正直、あまりそういう人は好きではないというか、好感が持てません。

これはうちのスタッフさんにも当てはまるんですが、たとえ不器用で仕事ができるタイプではなくても、できないならできないなりに、がんばろうと思っている人、努力している人を私は評価したいと思います。
逆に、できないからとすぐ諦めてしまい、できるようにと努力をしようとしない人は、応援したいとは思いません。

最初からできる人なんていません。
がんばれば、程度の差こそあれ、ある程度のレベルまではできるようになると思います。
もちろん得手不得手もありますが、人間そんなに大差はないと思います。
あのイチローのように天才と言われる人でも、裏では大変な努力をしています。
自分はできると信じる、行動するということが大事だと思います。

だから、そういう人はいくらでも応援したいと、人一倍不器用な私はそう思ったりします。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket