東京大学入学式の祝辞で上野千鶴子さんが語ったこと

2019年4月14日

Pocket

先日の東京大学の入学式での上野千鶴子さんの祝辞が評判になっているので、その全文を読んでみました。 

上野千鶴子さんといえば、女性学、ジェンダー論の第一人者で東京大学名誉教授でもあります。
その言動は、今までもいろいろ賛否両論になっていますが、結構有名な論争は、アグネス・チャンの子連れ出勤が事の発端となったいわゆる「アグネス論争」などがありますね。

まあ、それはさておき、今回の新入生に向けた祝辞は、個人的にはいいなと思いました。
そして、今(今まで?)の日本社会、大人に向けたメッセージにも受け取れました。

出だしは、こんな感じでスタート。

「ご入学おめでとうございます。
あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。
その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。」

例の大学入学試験での男女差別の話に触れています。
この不正入試問題の件は、この時代にこんなことをやってたらいかんなあと私も思うことではあります。
決して、女性が男性に比べ、学力で劣っているとは言えませんし、公平であるはずの入学試験でこういう不正が行われていること自体が信じられません。
しかし、医師の労働環境、大学病院の勤務医の実態などを知ると、一概にダメだと言いきれない事情もあるようです。

そして、努力、がんばることについて、

「あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。」

がんばっても報われない社会があるということは、たしかに真実でもあり、大人になり社会に出れば、誰でも経験することでもあります。
そして、頑張ったから報われたと思えるのは、努力の成果ではなく、周りの環境のおかげだとおっしゃっています。
まったく本人の努力の成果ではないとは言い切れないと思いますが、本人の努力+周りの環境の両方が関係していると私は思います。

そして、以下がこの祝辞の中で私が一番共感できるところでした。

「世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」

東京大学ホームページより

そう、こういった”がんばっても報われない人”、”がんばろうとしてもがんばれないひと”、”がんばりすぎて心を体をこわしてしまったひと”がいる。
そういった人々を助けて、支え合って、生きてくださいと述べています。

今の日本社会は、こういったやさしさの面が非常に欠けています。
やたらと自己責任論が横行し、失敗した人、落伍してしまった人たちへの思いやりに欠け、一度失敗すると、寄ってたかって非難し、なかなか敗者復活できない、這い上がれない社会になってしまっています。

例えば、ホームレスの人たちに対しても、そんな感じです。
自分はホームレスになんかならない、ホームレスになったのは、その人自身に責任があるという考えを持っている人が非常に多すぎます。

しかし、現代はひょんなことから、そういう立場に一気に落ちていってしまう可能性は誰にでもあります。
誰だって、好き好んで路上生活をしているわけではありません

そういった人の心の痛みを理解する、想像する心を持てない人が多くなりました。
なんか悲しいです…

ちょっと話が逸れてしまいましたが、どこか狂い始めている現在の日本社会への警笛だとも受け取れます。
そして、人の痛みを理解できる寛容な社会、人の痛みに共感し、お互いに分かち合える社会になっていってほしいと願うばかりです。

そんなことを考えさせてくれる祝辞だったと思います。

全文はこちら
平成31年度東京大学学部入学式 祝辞
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク