言いたいことが伝わっているか

プライベート

先日、マックに入ったとき、隣の席にいた同僚らしき男性二人組の会話がそれとなく聞こえてきました。

その時の会話が・・・・

「お前さあ、それじゃなに言ってるかわからないんだよ。主語はなに?誰が誰にどうしたの?それがわからないから、他の人もイライラしちゃうんじゃないの。なに言ってるかよくわからないよ」

う~ん、隣で聞いていて、耳の痛い会話。

私自身もよく話が回りくどい、なにが言いたいのかわからないと言われるので、

ドキッ!


まるで自分に言われているようです。

たしかにその言われている人の話を聞いていると、なにを言いたいのか、よくわからない。

あー、自分もこんな感じで話しているのかなと反省。

また、会話が聞こえてきて・・・

「主語、述語をはっきりさせて、結論を先に言う。相手に伝わらなくちゃ意味ないよ」

はい、はい、思わず無言で頷いている私。

そう、いくら良いこと、大事なことを話しても、相手に伝わらなければ意味がありません。

相手に伝える、伝わる、大事だなと感じた瞬間でした。

aas

 

この記事を書いた人

タナケン
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/

スポンサーリンク