お客様のタイプを見極めて、臨機応変に

Pocket

Sponsored Links

うちのスタッフさんの今までの職歴は様々。
お客様相手の仕事をしてきた人もいれば、そうじゃない人もいる。

もちろん、今までの職歴は問わないけれど、今までいろいろなスタッフさんを見てきて、接客業をした経験のあるスタッフさんは、お客様への対応がやはり上手いなと感じる。

そういうお客様のへの対応は、ちょっと人から教えられても、一長一短で身につくものではない。

やはり、経験

様々なタイプのお客様と接して、怒られたり、喜んだり、悲しんだり、いろいろな経験を経て、身につけるしかないと思う。

というか、そうじゃなければ身につかない。

小手先のテクニックは教えられるけど、それは所詮テクニック。

そこから、このタイプのお客様にはこう、またこういうタイプのお客様にはこう、という相手のタイプを見極め、対応を臨機応変に変えられるかどうかは、本人が苦労しながら自分のものにしてほしい。

その手助けは、できる限りしますけど。

最後は本人の努力次第。

Sponsored Links

 

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket