知恵のある人、苦労してきた人、体験をいっぱい積んできた人、大歓迎です

2019年6月24日

Pocket

Sponsored Links

今は、化粧品、健康食品の通販で有名なDHC
元々は、翻訳関係の会社でしたが、いつのまにか化粧品関係のほうが有名に。

そんなDHCのホームページの採用に関するページに、代表取締役会長の吉田嘉明さんのメッセージが載っています。
http://recruit.dhc.co.jp/president.html

このメッセージが素晴らしいというか大変共感できる部分が多くありますので、ご紹介します。

Sponsored Links

DHCでは何よりも知恵がある人を探しています。

知恵があるというのは、勉強ができるという事とは全く関係がありません。
東大を出ているから知恵があると思うのは大間違いです。
幼い時から勉強ばかりしてきた人は、先生から褒められ、親から褒められ、自分が一番偉いと勘違いしている人がほとんどです。
そういう人は、先ず他人を思いやる心に欠けています。
遊んでいないから知恵が付いていません。

悪戯をしたり、喧嘩をしたり、泣いたり笑ったり、悩んだり苦しんだり、挫折をしたり、失敗をしたり。
そういう中で人は的確な判断力やユニークな発想やリーダーシップを身に付けていくものです。
これを一言でまとめると知恵ということになります。
東大出の官僚が、何か経験した事のない新しい事態に直面すると、うろうろおろおろと狼狽して、頓珍漢な結論を出してしまうのは、まさに彼らが判断力や独創性を養う体験を若い時にしていないということから来ています。
知恵がないなあということになります。


DHCでは勉強のできる人は要りません。
地頭の良い人を必要としています。子供の時に人一倍苦労をしてきた人、普通の人に無いような体験をいっぱい積んできた人、どんなことを任せても自分なりの工夫で知恵を出し切れる人。
そういう人はDHCでは大歓迎です。
学歴は低いが自分には知恵があると思う人や、不良で勉強はしなかったが知能指数だけは高い人は、是非DHCに来て下さい。きっと、思いっ切り活躍できる場が見つかるはずです。

(以上、ホームページより転載)

この吉田会長が官僚嫌いで有名らしいのですが、こちらでもその点に触れられています。
いわゆる、知識だけで、応用の効かない「頭デッカチ」はいらないということですね。

これはとても大事だと思います。
仕事はイレギュラーの連続。
都度都度、その時々の状況に臨機応変できる考え、行動が求められます。

そういう人が欲しいんです、会社は。
頭デッカチの使えない人は要りませんね。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket