作業と仕事の違い

Pocket

Sponsored Links

作業と仕事…

私の中では、似て異なるものとして捉えています。

作業…

それは、ルーティンワークのような決まった内容の仕事。
あまり頭を使わなかったり、考えない仕事

それに対し、仕事は…

いかに効率よくできるか、どうしたらお客さまが喜んでくれるか、常に考えながら仕事をすることだと思っています。

常に考え続けるか、なにも考えずに同じことを繰り返すかの違いだと思います。

たとえ、ルーティンワークのような決まりきった内容でも、どこかに改善点や問題はあります。

そこに気づくことができるか?

そう、仕事は気づきだと思います。

気づきによって、仕事の質が上がり、その人自身もステップアップできると思います。

そういえば、普段、スタッフさんたちには考えながら仕事をしましょうと言っておきながら、つい「作業」という言葉を使ってしまうことがあります。

しかし、みんなには、「作業」ではなく「仕事」をしてほしいと思っていますので、普段なにげなく「作業」」という言葉を使ってしまうことに反省です。

日頃から、口にする言葉は気をつけなければと思います。

IMG_8017.JPG

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket