ひとりひとりとちゃんと向き合うこと、じっくり話すことの大切さ

2019年3月21日

Pocket

昨日の夕方、柏方面のスタッフさんと書類の受け取りのため、柏駅で待ち合わせ。

そして、その後、そのスタッフさんと近くの立ち飲み屋で軽く一杯(笑)

rr fff gt

このスタッフさんはうちが開業2年目からずっと働いてくれているスタッフさんで、かれこれ9年間、一緒に仕事をしています。

こうやって長く働いてもらうのは、ホントありがたいことだと思います。

最初の頃はスタッフさんもまだ少なかったので、なんだかんだ毎日のように仕事先で会っていましたが、スタッフさんの人数が増えてくるにつれ、会う間隔もだんだん長くなっていきます。

どのスタッフさんとも特に用がなくても、できる限り直接会うように努めてますが、だんだん月に1回とか2~3ヶ月に1回とかになってしまいます。
これはこれで寂しい気もしますが、なかなか全員と頻繁に会うことも難しくなっていくのも確かです。

それにしても、このスタッフさんとは久しぶりにいろいろな話ができて、よかったと思います。
なかなか、こうやってゆっくり話す機会は少ないですからね。

なによりも楽しかった!(笑)

そして、あらためて、スタッフさんの話をじっくり聞くことは大事だなと思いました。

また、ひとりひとりとちゃんと向き合うことの重要さ、そういった時間を取ることが長く働いてもらうことにも繋がるのかなとあらためて感じます。

この記事を書いた人

タナケン
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket