時には嫌われる存在にならないといけない

2019年3月21日

Pocket

Sponsored Links

最近、あるスタッフさんに他のスタッフさんの研修を任せていましたが、傍から見てると、

「指摘の仕方や言い方がちょっときついな。研修を受けてるほうのスタッフさん大丈夫かな?」

と感じていました。

しかし、

「教えるときは嫌われるくらいじゃないといけないんです。でも、メモを取れとか、時間を意識しろとか、私じゃなくて社長が普段気にしていることを指摘してるんです」

ということを言われて、普段私が言ってることを代弁してくれているということを知り、なんか嬉しかったです。

言い方がちょっとストレート過ぎるので、もう少しだけ言い方、伝え方を変えると、受け取る側の印象も変わるんだけどなあとは思うけど、ま、いいか(笑)

そんなことを考えていたら、自分も会社員時代に上司から「上に立つには、時には嫌われる存在にならないといけない」と言われたことを思い出しました。

そう、誰からも嫌われないよう、好かれようとし過ぎると、仕事やお客さんと同じで、結局誰からも振り向かれなくなります。

もちろん好かれたほうがいいに決まってますが、必要以上に好かれる、嫌われることを恐れてはいけないと思います。

仮に誰からも好かれてると思ったら、危険信号かもしれません。
すべての人から好かれるなんて、まず無理ですから。。。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket