仕事を教えるということ

2019年3月21日

Pocket

Sponsored Links

最近、スタッフさんへ研修、仕事を教える時、どう教えればいいのかということを改めて考えています。

教え方がまだまだ良くないんでしょうが、なかなかこちらの思った通りの結果が現れません。
できるようになるまで、時間をかけて教えていけばいいんでしょうが、あまり時間をかけ過ぎるわけにもいきません。

ここで、私がいつもこの通りだよな~と思うこの言葉を思い出します。

山本五十六の有名なこの言葉。

やってみせ
言って聞かせて
させてみせ

ほめてやらねば
人は動かじ。

そうなんですよね。
まず手本を示して、それからやってもらい、できているところは誉める。
しかし、とかくできないところに目がいきがちになっちゃいます。

そして、この言葉は次のように続きます。

話し合い
耳を傾け
承認し
任せてやらねば
人は育たず。
やっている姿を
感謝で見守って
信頼せねば
人は実らず。

話し合って、承認=認めてあげ、感謝して、信頼してあげる。
やはりお互いのコミュニケーションが大事だということですね。

いまだに難しい….。

Sponsored Links

 

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket