電気料金を節約しよう

家事の裏技

スポンサーリンク

毎月必ず、発生する電気料金ですが、夏や冬などエアコンを多用する時期は料金も高額になりがちです。
ほんのちょっとのひと手間で節約できる方法がありますので紹介します。

1.電気料金の基本契約を見直す。
契約基本料金が30Aと60Aでは月額1000円程の差があります。一人暮らしなどで、あまり電気を使わない場合は低いアンペアで契約することでかなりの節約になります。

2.時間帯割引契約を利用する。
たいていの電力会社では夜間に電気料金の割引ができるプランが存在しています。
日中は不在にしているような家庭では、この契約にしておいたほうが節約ができます。ただし、普段電気料金をほとんど使わないような生活をしている場合は、かえって高くつくという場合もあるので、注意が必要です。

3.エアコンの設定温度など。
設定温度を夏は高め、冬は低めに設定すると、1度の差で約10%の節約になると言われています。また、効きが悪い時には設定温度の上げ下げで調節するのではなく、扇風機を併用したほうが安くすみます。

4.冷蔵庫の温度を変更する。
冷蔵庫の温度調節を「強」から「弱」にすることで約20%の節約になると言われています。冷蔵庫の中にのれんをつけることで「弱」であっても十分な冷却効果を発揮できます。また、食品は目いっぱい詰め込まず、隙間があったほうが冷却効果がありますから、詰め込みすぎには十分注意しましょう。

5.電球はLEDに。
普通の電球に比べ、値段が高いのがLED電球ですが、長期間使い続けると確実にLED電球のほうが安くなります。全ての電球をLEDに変更することをおすすめします。
こんなふうに、簡単にできる方法で、かなり電気料金を節約できますから是非実行してみましょう。

aa

スポンサーリンク