サービス~ここがちょっとヘン!?パート2

仕事

昨日、日頃私が感じていたちょっとヘンというサービスの例を挙げましたが、今日も引き続きご紹介します。
これは、郵便局さんを利用する時にいつも感じることなのですが、民営化されて日本郵政になってから、郵便局の中でも、「郵便」・「銀行」・「保険」に分かれています。
郵便局員の一人一人もそれぞれ担当がはっきり分かれていると思うのですが、「郵便」のところがいつも混んでいて行列になっていることが多いです。
「郵便」部門で対応している局員は大体一人です。
ですから、ちょっとお客さんが多いと、すぐに行列になっています。
私もいつも列に並んでいて思うのが、他の「保険」や「銀行」のほうの局員も、こういう時くらいは、手伝えないのかなということです。
会社も分社化されて、もしかしたら他のところは手を出しちゃいけないと決まっているのかもしれませんが、明らかに大行列でお客さんが待っているのに、他の局員は見て見ぬふりなのが、ちょっとヘンじゃないの?と思います。
よくコンビニでも、たまにありますよね。
レジが混んでいるのに、品出しをやっていて、レジを手伝おうとしない人。
今、品出しをやっているから、レジはできないということでしょうが、その時だけ、レジにヘルプに入る気は使ってほしいですね。
ですから、郵便局も、分社化したからとかの理由だったとしても、それはお客さんには関係ありませんよね。
ぜひ、気づいて自分から率先して動いてほしいです。
内部のことはわかりませんが、もし、それをやったら上司から何か言われるとしたら、その組織自体がダメということになります。
郵便局の窓口の人だけでなく、後ろに座っている上司の方、局長さんは、状況に応じて、判断、指示してほしいと思います。
今はりっぱな民営会社なんですから。
看板だけでなく、内容も民営化してほしいと願ってます!
ペタしてね
人気ブログランキングへ

もしよければクリックしてください!
家事代行サービス.com
家事代行コンセント

この記事を書いた人

タナケン
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/

仕事

Posted by タナケン