汚れ落としは、時間と温度

スポンサーリンク

Pocket

いきなり「汚れ落としは、時間と温度」なんて言われても何のことかわからないと思いますが、これは掃除で汚れを落とすときのポイントになります。
それほど汚れが頑固でなければ、洗剤をかけてすぐこすってもOKなんですが、汚れがかなりこびりついてる時やちょっとこすっても落ちない時は、洗剤をかけてからすぐにこすらないで、少しそのままにしておくといいです。
少し時間をおくことによって洗剤が汚れに浸透しますので、すぐにこすらず、ちょっと待ってみてください。
また、キッチンの油汚れやお風呂掃除の時に有効なのが、お湯を使うこと。
よくつけ置き洗いとかいいますが、油汚れの場合、外せるものだったら外して、洗剤を入れたぬるま湯の中にしばらくつけておくと、汚れが落ちやすくなります。
お風呂も全体にシャワーでお湯をかけてから洗剤をのばし、しばらくおいてからスポンジでこすると、今まで落ちなかった汚れも落ちるかもしれません。
これも水よりもお湯を使ったほうが洗剤が汚れに浸透しやすいからです。
洗剤って、化学反応によって汚れを分解するようにできていますので、反応するまで時間と温度を加えることが必要になります。
まあ汚れ具合にもよりますので、これで絶対落ちるとはいえませんが、もし普段気になる落ちない汚れがあったら、一度試してみてください。
人気ブログランキング

家事代行サービス.com

家事代行 コンセント

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク

仕事

Posted by 田中健司