理念はなんですか?

2019年4月20日

Pocket

昨日、最近知り合いになった美容院の経営コンサルをされている方の勉強会「究極のリーダー養成講座」に、急遽参加させていただきました。

この方のクライアント、美容院の店長クラスの方々と一緒に勉強させていただきました。

こういう勉強会方式の講座は、私も以前、会社員時代にはよく参加していましたが、最近は久しぶりでしたので、なんか新鮮でしたね。

みなさんが日々、部下の育成や店舗内での悩みなどを聞かせていただき、みんながんばっているなということが、印象に残りました。

私自身、未だに、スタッフのこと、育成方法では、悩み、日々試行錯誤の毎日ですが、みんなの話を聞いていて、会社員時代に初めて自分のチームを任され、後輩や部下のことで悩んでいた時期を思い出しました。

あの頃は、同じようなことで悩んでいたなあ・・・

なんか懐かしい気持ちになってしまいました。

美容院は、今やいたるところにあり、競争も非常に激しい業界ですが、リーダーをはじめ、みんなが一体となってがんばっていかないと生き残っていけない時代だなと感じます。

まあ、美容業界だけでなく、どの業界も、ノホホンとしていたら、いずれ淘汰されてしまいますが・・・

そして、昨日の講座の中で、”理念はなんですか?”という話が出てきました。

結構、理念がない会社が多いと聞きます。
改めて、理念って言われてみると、さて、うちの理念は?」と考えてしまいました。

”理念”

なんとなく、意味がわかるようで、わかりにくい感じです。

これが理念といえるかどうかはっきりしないのですが、私自身、普段スタッフにはよく言っているのですが、うちの目標は、「3つのHAPPY」です。

どういうことかというと、

「お客様のHAPPY]

「従業員のHAPPY]

「経営者のHAPPY」

この3つが揃わないと、なにごともうまくいかないという意味です。

「お客様のHAPPY」は、その言葉どおりで、うちのサービスを利用していただくことで、お客様がHAPPYになっていただくこと。

そして、「従業員自身もHAPPY」にならなければ、お客様に対して、良いサービスは提供できないと私は思っています。
これは、例えば、待遇面や評価制度、モチベーションなども含め、スタッフの仕事に関すること、すべてです。
この仕事をやっていて楽しい、やりがいがあるという気持ちを大事にする。
そのための環境作り、これはずばり経営者の仕事です。

その二つがHAPPYになれば、おのずと業績にも影響してきますし、なによりも、お客様とスタッフの笑顔が見られるのが、結果的には「経営者のHAPPY」に繋がります。

まあ、恥ずかしながら、まだまだそこまでの状態にはなっていないのですが、ここを目指していきたいと思っています。

とにもかくにも、いろいろ考えさせてくれた勉強会でした。
ありがとうございました。

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク

仕事

Posted by 田中健司