2010年~目標

Pocket

年末に、以前書いていたブログを久しぶりに読み返していました。
もう4~5年ほど前に書いたものですが、以下の記事が見つかりました。
(まだ独立する前で、その頃は楽天ブログでした)
-------------------------------------------------------------------------------------–
先日のブログで、独立したいという夢があると書きましたが、なぜ独立したいと思ったのかその動機を書かせていただきたいと思います。
★動機1★
今はまだ会社員ですが、入社以来ずっとお客さんと直に接する仕事をしてきました。
いわゆるサービス業をしている方はわかると思いますが、いろいろなお客さんがいます。
無理難題を言ってくるお客さん、とにかく自分の言い分を通そうとするお客さん、すぐクレームをつけてくるお客さん、もう勘弁してくれってこちらが逆ギレしたくなるようなお客さんがいます。
最初の新入社員の頃は、「何でこんなに怒られなきゃいけないんだろう?」と、いつも思っていました。
でも、反対にとても優しいお客さん、こちらの苦労をわかってくれるお客さん、感謝されてお礼を言ってくださるお客さんもたくさんいます。
やはり会社に入って怒られてばかりの中で、お客さんから「ありがとう」って言ってもらえて、とても嬉しく感じたことがありました。
今も「ありがとう」と感謝されることはもちろんありますが、あの新人の頃のお客さんから言って貰えた「ありがとう」が非常に印象に残っています。
それ以来、お客さんに喜んでもらいたいと思って仕事をしていましたが、どうしても会社側の都合で、こうすればお客さんは喜んでくれるだろうなと思える事でも、できない、やらせてもらえないという状況が続いてきました。
クレームを言われたときも、個人的には「お客さんの言いたいことは、ごもっとも、おっしゃる通り!」と思うことでも、会社の都合でなんだかんだ理由をつけて、言い方は悪いですが、うまく説得しなきゃならない。
なんかぜんぜんお客さんのほうを見ていない。
そういった目で周りを見回すと、そんな会社が今努めている自分の会社だけでなく、ほかにもたくさんあるということに気がつきました。
それならば、お客さんが喜んでくれる、「ありがとう」と言ってもらえるような仕事を自分でやりたいと思うように、なんとなく漠然とですが思うようになりました。
★動機2★
そして、最近の少子高齢化が動機の決定打になりました。
以前までは正直自分一人が動いたって、世の中変わらないよって思っていましたが、このまま子供が少なくなり高齢者ばかりになると、日本ってこのままで大丈夫?って思うようになりました。
自分たちの世代も関係しますが、それよりも私達の子供たちが大人になったとき、このままだとこの世代の負担は大変なものになると思います。
おそらく税金なども今以上に負担が大きくなり、生活が苦しくなるかもしれません。
また、この子達が高齢者になったときに年金はどうなっちゃうのか?
その頃は私もたぶん生きていないでしょうが、とても心配です。
それにはもっと子供が育てやすい、子供が負担に感じないような社会にしなくちゃいけないと思います。
今の子育て世代は、育てるのにもお金が掛かるし、全体的に会社の給料が下がり気味傾向のなかで、ご主人の給料も下がるけど、子供に手が掛かるから働きにいけないというお母さん方がたくさんいると思います。
だから、子供はたくさん生まない、作らないっていううちが多くなっているんじゃないかと思います。
また、今の高齢者の方は元気な方でまだまだ働きたいという方はいっぱいいます。
だけど、高齢者というだけで、求人もないという状況です。
なんか、もったいないです。
高齢者もお母さん方も、以前は仕事をしていて、いろいろなキャリアを持っている人がたくさんいます。
そういう人たちが働きやすくなれば、またなにかが変わっていくんじゃないかと思います。
それならば、自分で将来会社を興して、大したことはできないけれど、そういった方達に仕事をしてもらうことが出来ればと思ってます。
子供がいて仕事が出来ないというなら、会社に託児所を作っちゃえばいいし(ヤクルトがやってますよね)。
そして、最近同じように考えている方をこの楽天日記でも見つけることが出き、絶対出来ると思うようになりました。
まあ、あくまでも現時点では夢のまた夢なのですが、それが動機のきっかけです。
-------------------------------------------------------------------------------------—
以上ですが、実際独立して約3年が過ぎましたが、この3年の間に、実際子育てをしながら共働きで働いている様々なお客様と接っしお話を伺ったなかで、
「子供を育てながら、女性が社会で働くことが、今この日本でいかに大変なことか
ということを痛感しました。
以前自分がこの記事を書いていた頃の想像をはるかに超えていました。
本当に大変なんです!
今までも家事代行の仕事を通じて、こういった働く女性のお客様のサポートをしてきましたが、今までは掃除や洗濯などの日常家事だけに限られていました。
しかし、今年からは、ぜひこういった子どもを育てながら働いている方がたが一番望んでいるサービスをスタートしたいと考えています。
特に子育てという部分に焦点を当てて、子育てをトータルでサポートできるサービスを計画しています。
また、お客様だけでなく、子供を育てながら働いてくれているうちのスタッフにとっても、働きやすい環境を作っていきたいと考えています。
具体的な計画はある程度固まりつつあるのですが、今年2010年は、この計画の第一段階をぜひ実行に移していきたいと思っています。
まず、できるところから動き始めたいと思っています。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 千葉情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

家事代行サービス.com

家事代行 コンセント

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク

仕事

Posted by 田中健司