商業者育成講座~PART2

Pocket

Sponsored Links


前回投稿のPART1  の続きですが、
なぜ私がこの講座を受けようと思ったかですが、今後の仕事の方向として、育児、保育関連を進めていきたいと思っています。
その一部として、商店街などの空き店舗などをぜひ活用していきしたいと考えていました。
そこに人が集まり、活性化する、商店街も元気が出る、そんな感じで考えています。
なので、商店街の活性化をしているこの阿部さんの講座、話を伺ってみたいと思ったわけです。
私自身、今まで家事代行サービスという仕事を通じて、育児をしながら働くお母さん方、ワーキングウーマン、一人親世帯のお客さまを見てきましたが、一番感じるのが、この国は子育てをしながら仕事をするのは本当にに大変な国だということです。
もちろん政策や日本社会全体の問題も関係してくるのですが、やはりこれからはそれぞれの地域の人たちが自分たちの問題として考えなければいけない時期に来ていると思います。
実際うちのお客さまの中でも、子どもが病気をして仕事を休むがちになり、やめざるを得ない状況というかたやこれ以上は仕事をしながら子供を育てるのは無理と思っているかたが多くいらっしゃいます。
大袈裟と言われるかもしれませんが、このまま少子化が進み、子供、若者が少なくなっていったら、日本はもうダメっになっちゃうんじゃないかという感じだと思っています。
今、日本の65歳以上の比率は世界一、かたやインドは25歳以下の人口比率が60%以上だったと思います。
(ゴメンナサイ、もしかしたら数字は少し違っているかもしれません)
この比率をみても、どちらの国が今後発展するかは明白ですよね。
そんななかで商店街とも連携してとおぼろげながら考えていたのですが、昨日の話を聞いて、ああこういうこともできるんだなあというアイデアのヒントをもらったような気がします。
やり方次第では、いろいろなことが出来そうな感想を持ちました。
正直、受講前は無料だしちょっと聞いてこようかなという軽い気持ちで行ったのですが、期待していた以上のとても内容の濃い講座でした。

家事代行サービス.com

家事代行コンセント

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司