「バスマジックリン 壁の防カビプラス」使用レポート

Pocket

Sponsored Links

お風呂用洗剤でよく使われているのが、花王の「バスマジックリン」ですが、
今度「バスマジックリン 壁の防カビプラス」というのが新発売されました。

働く女性、子育て女性へ”時間”と”こころのゆとり”をお届けする家事代行サービス

 

今までの「バスマジックリン」とどこが違うのかちょっと気になったので、実際に
試してみました。

ひとつ気になっていたのが、普段日常的に使って大丈夫か?ということ。

よくあるカビ取り剤(カビキラーなど)は、成分は塩素系なので、よく落ちるんですが、

・においがきつい(特有のにおいがしますよね)
・手に直接付くとと荒れやすいなど、
・酸素系の洗剤(トイレ用洗剤などに多い)と混ざると、猛毒ガスが発生する

など使用するにあたって、注意する点があるのとそれだけ強い洗剤なので、日常的に頻繁に使うような洗剤ではありません。

本来、カビが発生した時などに随時ピンポイントで使うものなのですが、この新製品は普段使うバスマジックリンなので、正直毎日使っても大丈夫なのかなという疑問がありました。

で、結果ですが、これは、カビキラーのように、すでに生えてしまった
カビを落とすの
ではなく、カビの発生を事前に防ぐ洗剤のようです。

カビの発生原因の一番が、水分が残ったままにしておくこと。

カビは湿気、ジメジメした所が好きですからね。

なので、この防カビプラスは、その水滴が残らないような作りになっているみたいです。
でも、実際これで完全にカビが防げるかというと、ちょっとこれだけでは難しいかもしれません。

普段カビを防ぐ方法は、やっぱり

・お風呂から出たら、換気をする(換気扇や窓を開ける)
・最後に入った人が、水切りをする
(よく窓を掃除する時につかうワイパーみたいな道具がありますよね、
あれを使うと便利です)

こんなやつ、スクイジーっていう名前です。

働く女性、子育て女性へ”時間”と”こころのゆとり”をお届けする家事代行サービス

まめに湿気を防ぐのが一番です。
まあ、面倒なんですが、最後に、ざっと壁の水切りをするだけでも、だいぶ違います。
ぜひ、お試しあれ~!

家事代行コンセント

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司