スタッフの幸せが、お客さまの幸せ

Pocket

Sponsored Links

以前、読んだ本ですが、久しぶりに読み返してみました。
日本でいちばん大切にしたい会社

これはシリーズ化されていて、読んだ方も多いと思いますが、この本で採りあげられている会社は、どこもすごいです。
そして、どの会社にも共通しているのが、社員を大切にしているところ
この本のなかに、こんなことが書かれています。
会社経営とは「五人に対する使命と責任」を果たすための活動
一、社員とその家族を幸せにする
二、外注先、下請け企業の社員を幸せにする
三、顧客を幸せにする
四、地域社会を幸せにし、活性化させる
五、自然に生まれる株主の幸せ
多くの会社が「お客様が第一としているになぜ?」と思われるかもしれません。
私も最初読んだときは、そう思いました。
しかし、その前提として、「まず自分の所属する会社に満足度が高く、帰属意識の高い社員でなければ、お客さまが満足するようなサービスを提供することはできない。だから、いちばん大切なのは、社員の幸せ、そしてそれを支える家族の幸せをを追求することが会社の最大の使命と責任です」と書かれています。
私自身、今スタッフを雇用して仕事してもらっていますが、本当にそう思います。
結局、サービスを提供するスタッフが幸せだと感じていなければ、お客さまに満足してもらえるサービスはできないんです。
もちろん、スタッフが100%満足するというのは、なかなか難しいかもしれません。
でも、不平、不満を抱えながら仕事をしていれば、それは普段の仕事の中で、何らかの形で出てきます。
だから、スタッフの不平、不満を少しでも軽減していくことが、結果的にお客さまの満足につながっていくと信じています。
結局、どんな仕事でも、”人”ありきだと思います。
正直、私が思う限り、うちのスタッフの満足度は、まだまだだと思います。それは認めます。
でも、すこしづつでもこういった形に近づけていきたいと思ってます。
少なくとも、うちで働いてくれているスタッフには幸せになってほしいな~って思います。
こういうことを書くと、そんな簡単なことじゃないよ、できないよという人が必ずいると思いますが、実際この本に出てくるような会社があるんですから、できないことではありません。
いつかこの本に載るような会社にしていきたいですね。
にほんブログ村 家族ブログ 家事へ
にほんブログ村
「家事代行サービス.com」facebookページはこちら
http://www.facebook.com/kajidaikou
家事代行サービス.com / コンセント ホームページ

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司