手の内公開!?

2018年10月28日

Pocket

Sponsored Links

最近は、ホームページを見て、求人に応募してくる人が増えてきた関係で、この私のブログを読んでから、面接にくる応募者の方が徐々に増えてきました。

このブログ、あまり仕事のことは書かないのですが、時々、仕事の作業のこと、スタッフ研修のこと、そして面接に関することなども書いています。

そして、面接に関することでは、こういう人を採用したい、逆にこういう人はダメですね、といういわゆる採用基準を書くこともあります。

実際、今うちで働いてくれているあるスタッフさんは、面接前に私のブログに目を通して、こういう質問をしますというようことが書いてあったので、事前にその質問が来たときは、こういう受け答えをしようと考えてきてたようです。

しかし、その人の面接では、肝心のその質問がなくて、なんかガッカリしたということを後から聞かされました。

まあ、私が面接する時は、ほとんどその時の会話の流れから質問しているので、必ず決まったことを聞くとは限りません。
はっきり言って、その時のノリで質問している感じです。
ですから、事前に答えを考えてきても、先程の例のように肩透かしにあうこともあるかもしれません。

でも、せっかくなので、手の内公開ではありませんが、うちがどういう人材を求めているかをちょっとだけ書きます。

まず、最低限の常識がある人
それには、普段の生活するうえでの常識、そしてビジネスマナーも含まれます。

そして、たとえパートタイマーといえども、仕事をする以上は、遊び半分ではなく、仕事として取り組める人

あとは、「責任感と素直さ」を持ち合わせている人

とりあえず、ここで書けるのは、このくらいですね。
詳しいことをいうと、まだ他にもあるのですが、どれもそんなたいしたことじゃないですよね。
当たり前のことばかりです。

しかし、最近はこれさえもクリアーできない人がとても多いです。
あ、あとよく聞かれるのですが、家事が得意だとか、掃除が大好き、細かいところまでやるという人がよくいらっしゃいますが、私ほとんど聞き流してます。

そんなことはどうでもいいくらいに思ってます。

まずは、その人の人柄。
これが一番!
そして、話した時の感じ、印象です。
はっきり言って、私が話をさせていただいて、話が合う人、相性とかも見ています。
一緒に仕事するわけですから、そのあたりの印象、相性は必ず考慮しています。

よく人を好き嫌いで判断、採用してはいけないと言われることもありますが、最低限合う人間じゃないと、後々問題が発生することがあります。
これは、今まで面接、採用してきたなかで、まず間違いないと思っています。

そんな感じですが、もしこのブログを読んで、求人に応募する方がいたら、参考にしてください。
あまり参考にはならないかな(笑)

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司