世界中の子供が笑顔になってくれれば・・・

2019年4月1日

Pocket

Sponsored Links

今日、たまたま行った図書館で目に入ったパンフレットのキャッチコピー。

「生まれた国が違う。ただそれだけで5歳まで生きることが何十倍も難しい」

$千葉で働く家事代行サービス / 運営ブログ

子供が生まれた国がたまたま違うだけで、その後の人生、運命が変わってしまう。

これは、私自身、以前からずっと感じていたことです。

なぜ、同じ子供なのに、生まれた国が違うだけで、かたや食べるものもなくその日の命も危うい環境にいたり、学校に行くこともできず、教育を受けることもままならない一方で、かたや普通に学校に行き、食べ物にも困らず、ゲームをしたり、遊んだりできる。

これって、どうみたって不公平でしょ?

まあ、それはその国、その国の事情があるから、しょうがないだろうという意見もあるかと思いますが、どうしてもそれが納得できません。
まだ、物心つかないうちから、強制労働させられたり、これって大人の事情、勝手じゃないの、とずっと思ってきました。

そんな理由から、個人的にこういった子供のたちの何か手助けがしたくて、15年くらい前から、後進国の子供たちを助ける団体やNPOに寄付してきました。

また、事業を始めてからは、利益のほんの一部を寄付させてもらっています。
(現在は、「セーブ・ザ・チルドレン」というNGOに、ホント少額ながら寄付しています)

ホームページにも記載してありますが、これは決して宣伝ではなく、社会貢献活動の一環として続けさせてもらっています。

同じ子供を持つ親として、この現実はなんとかしたいと強く思います。
まだまだ微力なため、出来ることは限られていますが、少しでも助けられる命、子供がいるなら、その力にはなりたいと思います。

また、寄付している事業の利益を生み出してくれているスタッフさんにあらためて感謝します。

世界中の子供が、このパンフの少年のように笑顔になってくれればと思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司