仕事道具

Pocket

Sponsored Links

仕事で使う道具の手入れをおろそかにしたり、乱暴に扱ったり、整理整頓ができない人は、その仕事ぶりにもその傾向が表れると思っています。

以前、サラリーマン時代、私は技術系の仕事をしていました。
そして、仕事道具や工具などをカバンに入れていましたが、多くの先輩や同僚、後輩のカバンを見ていると、だいたいその中身と仕事の結果は比例します。

多くのカバンを見てきて、その傾向はほぼ一致してました。

仕事道具を始め、普段使うモノは自分自身の一部分だと言っても、過言ではないと思います。

そういった意味では、自分を大切にしない人は、あらゆる面で大切さが欠けているんじゃないかなと思います。

それが仕事ぶりにも表れるんじゃないかなと感じます。
そして、どんな職業にもこのことは当てはまると思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket