ツルンときれいなゆで卵を作ろう

仕事, 料理

スポンサーリンク

ツルンとしたゆで卵は見た目もキレイでおいしそうですよね。
ゆでる前に針で小さな穴をあけておくとキレイにむける裏技は有名ですが、穴をあけるための道具がなくてもキレイなゆで卵を作ることができるんです。

まず、卵をゆでるためにお湯を沸かしましょう。
この時に、卵は冷蔵庫から出しておきます。
お湯が沸騰したら、そっと卵を湯の中にいれ5分間ボイルします。
5分経ったら、包丁の背をつかって、卵を軽くたたいてヒビをいれます。
ヒビをいれてから半熟はプラス2分、しっかり目はプラス6分ほどでゆであがります。
ゆであがった卵はすぐに水につけて冷やします。

このままむけば、キレイなゆで卵ができますが、今回はさらに、あっという間にむける裏技も伝授しちゃいます。

ゆでた卵の先の丸くなったほうの殻を少しむきます。
さらに先のとがったほうの殻も少しむきます。
そのまま先のとがったほうから風船を膨らますようにフーッと息を吹き込むとツルンと一気にむけるんです。

b8c7f093779caa1fad90e2536aa35ed9_8333
これで、ピッカピカでツルンツルンの卵の出来上がりです。
試してみてくださいね。

スポンサーリンク