家事代行は一日にしてならず

2018年8月23日

Pocket

家事代行サービス業を始めて、もうすぐ約10年。

今だから言えますが、最初に始めた頃は、私自身、すごい甘い考えでこの仕事を始めました。

どう甘いかというと、家事だから、普段家事をやっている主婦を集めて、お客様のところへ行ってもらえばいいだろうくらいの考えでした。

それがそもそもの間違いで、開業後は、お客様からしょっちゅう怒られ、

「こんなんじゃお金払えないわよ!」

とか

「便器だけを掃除するのが、トイレ掃除じゃないわよ!」

などなど
いま思い返しても胃が痛くなる思い出ですが、それがあったからこそ、今のうちのサービスの基礎ができたと思っています。

もちろん、始める前には甘い考えではあったにせよ、いろいろ考え、それなりに準備してスタートしたつもりですが、どの仕事でもそうですが、当初の想定通りにいくわけなんてありません。

苦情、トラブルの連続・・・・。

そのころに比べれば、もちろん経験値が上がったせいもありますが、最近はあまり
「これは困った!どうしよう?」という夜も眠れない事案はなくなりました(笑)

それにしても、この仕事は、思った以上に手間がかかり、スタッフさんたちのこと、お客様のこと、気苦労が絶えず、10年やってきても、まだまだ奥が深い仕事だなあというのが正直な感想です。

「ローマは一日にして成らず」という言葉がありますが、

私にとっては、

「家事代行は一日にしてならず」と言えるかもしれません。

これからもどんなことが起きるかわかりませんので、気を引き締めていきたいと思います。
(それはそれで楽しみではあるんですが)

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク

仕事

Posted by 田中健司