”一度で済むことを二度するな”やはり仕事は気づきだよねという話

2019年4月19日

Pocket

Sponsored Links

FullSizeRender

今朝、カフェ(プロント)でコーヒーを飲みながら、店内をなにげなく見ていると、店長さんらしき人が、新人スタッフと思われる若いスタッフさんに、

「あっちからこちらへ戻って来る時に、手ぶらで来ないで、トレーを一緒に持ってくれば、何度も往復しなくて済むでしょ」

というような話をしていました。

そのやり取りを、「あー、そうなんだよね、それができるかどうかが大事だよねえー」と思いながら聞いていました。

一度で済むことを何度も往復したりして、無駄な動きをしてしまう。
本人は気づいていないのですが、傍から見てると、そういう無駄な動きはよく目に入ります。

そこに気づけるかどうか?

”いかに効率的に、時間を短縮する方法はないか”を意識してるかどうか、その差だと思います。

ただなにも考えずに仕事をしていると、そういった無駄な動きなど、同じことを何度もしていまい、結果的に一度で済むことを何度もしてしまうことはよくあります。

やはり、そこを”意識”するか否か、常に頭の片隅に置きながら仕事をしていくと、おのずと結果も変わってきます。

意識するか
気づけるか

そこが大事だなと、今朝の光景を見ながら感じました。

でも、これは教えないとできない(気づかない)っていう人が、意外と多いんですよね、
そこがセンスがあるかどうかとも言えますが、たとえ最初はできなくても、訓練や経験から身につけることは充分できます。

そういうことなどを考えると、やはり、仕事は気づきだなと思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司