なにを気にするか、なににこだわるかは、人それぞれ。

2019年3月21日

スポンサーリンク

Pocket

昨日、うちのスタッフさんからこんな報告が・・・

「いつも月曜日にお伺いしている〇○さま、結構細かい方みたいです。」

最近、定期訪問でお伺いするようになったお客さまですが、元々、お部屋の片づけでお伺いしたことがスタートでした。
こんなことを言っては失礼ですが、結構モノが多く、散らかっているお宅でした。
一見、そういうお宅の方は、細かいことをあまり気にしない人と思われがちですが、ここが要注意です。

なにを気にするか、どういった点にこだわるかは、人それぞれ。

そのお客さまのタイプを見極めないと、ヘタをすると、こういった方から苦情やクレームが発生することがあります。
クレームほどじゃなくても、こちらのサービスに満足してもらえないということにも。

やはり、お客さま相手の仕事は、その方のタイプを見極めて対応することが大事です。
世の中にはいろんなタイプの人、お客さまがいますので、すべての人に同じ対応をしていたら失敗します。

そのためには、相手をよーく観察する。
これが大事だと思います。
その人の行動、言動から、どういった人なのかを判断していかなければいけません。

それにしても、その人に合った対応をしていかなければいけないところが、お客さま相手、サービス業の仕事の難しいところであり、逆に面白いところかもしれませんね!

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Pocket

スポンサーリンク

仕事

Posted by 田中健司