”経験に優るものなし」、「百聞は一見にしかず」は、本当に真実だなと思う

Pocket

Sponsored Links

この家事代行の仕事を始めて、もう10年以上が経ちます。

前職が全くの異業種だったので、この仕事を始めるにあたって、この業界のこと、競合他社のこと、仕事内容のこと、お客様のニーズなど、事前にいろいろ調べました。

それなりに理解、わかったつもりでいましたが、実際始めてみると、想定外のことばかり。

「へー、そうなんだ!」
「え、そうなの?」

ということばかりで、事前に調査していたにも関わらず、まだまだ気づかなかったことが次々と…。

やはり、知識としてわかったつもりでいても、実際に経験しなければわからないことは、いろいろあるんだなと痛感しました。

こういった”わかったつもりでいても、実際に経験しないとわからないこと、気づかないこと”って、たくさんあります。

そういうことを考えると、いくら事前に調べたり、準備して、もう完璧と思っていても、実際は、なかなかその通りにはいきません。

ですから、なにか新しいことを始めたりする時でも、ある程度準備をしたら、多少不安があって、見切り発車だとしても、とりあえず始めちゃったほうが、結果的にうまくいくんじゃないかと思います。

何事においても、完璧な準備なんて、できません。

知識はもちろん大事ですが、経験に優るものはないと思います。

「経験に優るものなし」
「百聞は一見にしかず」って言いますもんね。

とりあえず、スタートしてみる。
あれこれ考えることも必要ですが、まずは行動してみる。
行動しなければ、なにも始まりません。

”走りながら、考える”でいいんじゃないかと思います。

なにか問題があったら、その都度考えて、対処していく。
その積み重ねが大事なんだと思います。

約10年以上やってきて、これは自分自身で実感した真実だなと思います。

Sponsored Links

この記事を書いた人

田中健司
仕事や育児等で忙しく、時間がない方に代わって、お掃除や洗濯、片づけなどの日常家事を代行する「家事代行サービス」の仕事を千葉県でしています。

会社員時代は、エンジニア。
その後、まったく真逆のアナログな仕事”家事代行”で独立。

そんな家事代行の仕事を通じて、感じたことやプライベートで感じたこと等を書いています。

家事代行サービス コンセント
https://www.kajidaikou-service.com/
Sponsored Links
Pocket

仕事

Posted by 田中健司